年収の3分の1までの借り入れ

貸金業者にあたるモビットは、貸金業法で定められている総量規制の対象内での貸し付けとなります。

年収の3分の1までしか貸せないため、他社で多くの借り入れを抱えており、既に年収の3分の1以上を借りている、またはもうすぐ超えそうといった状況の方には、モビットは貸し付けを行えません。

基本的には全て対象内

総量規制は一部で例外となる貸付が設定されています。例外に該当する借り方であれば年収の3分の1以上でも借りられるようになるのですが、モビットから借りる場合に関しては基本的に全て総量規制の対象となると考えておきましょう。

商品として用意をしているわけではありませんが、モビットでは多くの借り入れを一本化する「おまとめ」としての借り方も可能です。おまとめは借り手に一方的に有利となる場合が多いため、総量規制で定める例外に該当する場合があります。

ただしモビットでのおまとめは基本として総量規制の対象内となる場合が多いので、年収の3分の1以上を借りている方がモビットでのおまとめによる一本化を考えても、融資は不可能となってしまいます。

収入が無ければ借りられない

総量規制は年収の3分の1までとなるので、収入が無い方、年収がゼロの方は貸せる金額もゼロとなります。つまり、無職の方や自身には収入を持たない専業主婦の方は、モビットではお金は借りられません。

専業主婦の場合には対応をする銀行カードローンなら配偶者の安定収入で利用ができる可能性がありますが、無職の方に関しては消費者金融でも銀行でも、お金を借りることは難しいです。

やはり返済ができるだけの所得、収入があるのが最低条件となりますので、総量規制による借り入れの制限はもちろんですが、それ以前にしっかりとした収入を得ていることが必要となるのです。

配偶者貸付の制度で借りるのも難しい

  • モビットでは対応をしていないものの、一部の消費者金融では配偶者と収入を合算して貸し付けを行う配偶者貸付の制度を設けているところがあります。しかし、利用にあたっては配偶者の同意や関係を示す書類などが必要となるため、どうしても利用のためのハードルが高くなってしまい、専業主婦の方が借りるのは難しくなっています。
モビット
モビットの基本
地域別モビット情報
サイトメニュー