返済負担を軽くして利用をする

モビットの返済は毎月の期日に借り入れ残高ごとに決められた約定返済金額の入金を行い、借りる金額をそこまで大きくしなければ無理のない範囲で、余裕を持った返済が進められるようになっています。

10万円以下の借り入れなら月々の返済は4,000円、10万円超20万円以下なら8,000円の返済とそこまで返済の金額は大きくありませんが、少しずつの返済となると一回あたりの返済負担は大きくないとしても、最終的な返済総額に関してはどうしても膨らんでしまいます。

なるべくなら負担を抑えて返済を進め、最終的な支払い総額も少なくできるようにモビットの利用を考えたいものなので、返済負担を減らせる利用の仕方を知っておくと良いでしょう。

毎月の返済金額を多くする

モビットの返済を効率的に進めるためのコツとしては、毎月の返済額を多くするだけです。10万円以下の借り入れなら月々の返済は4,000円となりますが、何も4,000円の返済しか受け付けないわけではなく、5,000円でも10,000円でも返済は行えます。

通常のWeb申し込みでの契約であれば提携ATMでカードを使った返済が行え、その際に多めの金額を入金しておけばより多くの返済が進むようになります。10万円以下の利用で10,000円の返済としておけば、上乗せをした6,000円分は残高への返済に充てられるため、借り入れの残高が効率的に減らせるようになります。

最低金額である約定返済金額だけでは完済までに数年間といった期間を要してしまいますが、上乗せをしての返済を進めていけば、より早くに返し終えられます。早くに完済ができれば支払い総額も少なくできるので、より負担なくモビットが利用できるのです。

利息は借りている金額に対してかかる

モビットだけでなくカードローンやキャッシングの借り入れは、限度額ではなく借りている金額に対して、借りた期間と金利によって利息が発生します。限度額がいくらであっても借りている残高が少なければ利息も少なくなり、余計な負担なく返済が進められます。

毎月の返済を上乗せして、約定返済金額よりも多めの返済とすると借り入れの残高がどんどんと減っていくため、当初の予定よりもかかる利息が少なくなります。利息が減れば最終的な支払い総額も少なくなるので、低負担でモビットの利用が行えるようにもなります。

銀行などの金融機関のカードローンや各種ローンと比べるとどうしても金利負担が大きくなってしまうモビットは、なるべくなら返済の負担が減らせるような利用の仕方、返済の進め方で借りるべきです。月々の返済を少しずつでも進められるのはモビットの良さでもあるのですが、最終的な負担を減らしたいと考えるなら、積極的に上乗せをしての多めの返済を進めるようにしましょう。

返した分は再び借りられる

  • モビットは限度額の範囲内であれば繰り返しの利用ができるため、返済を多めに積極的に進めて手持ちのお金が足りなくなってしまったとしても、返済後であれば返した分に関しては再び借りられます。手元にお金を残していると無駄遣いをしてしまいそうと考える方は、まずは手持ちのお金をモビットの返済に回しておくのも悪くはありません。
モビット
モビットの基本
地域別モビット情報
サイトメニュー