モビットの申し込み前に

ネットでいつでも申し込みが行えるモビットのキャッシングは、手続きを始める前にしっかりと確認をしておくべきポイントがあります。知らずに申し込みをすると審査落ちに繋がってしまったり、借りるまでに余計な時間がかかる場合もあるため、焦らずによく見く必要があります。

借りた後の返済についても事前に理解をしておくべきです。モビットでいくら借りたらどの程度の返済になるのかなどを、申し込み前に知っておくと計画的な借り入れも可能となります。

返済ができる範囲内で借りないと後々で困るのは自分自身であるため、申し込みに関する部分だけでなく返済に関する最低限の部分も、しっかりと確認をしてからモビットの審査を受けるようにしてください。

モビットなら最短即日融資も可能

モビット審査の注意点

モビットの審査を不利なく受けるためには、以下の点に注意をしておく必要があります。何れかに該当をすると審査に悪影響が出てしまい、思わぬ審査落ちの原因ともなります。

モビットで借りたいのであればまずは審査のスタートラインに立たなければならず、即NGとなるような申し込みの仕方、審査の受け方は避けるべきなのです。

多くの申し込みはしない

  • モビット以外にも同時に審査を受ける方もいますが、結果は非常に厳しいものとなります。多重申し込みは審査で不利になるだけであり、複数のキャッシングに立て続けに申し込むようなことはしない方が良いです。

申し込み内容は正確に入力する

  • 年収を多くしたり他社借り入れを少なくするのは論外で、その他の入力内容もミス無く漏れなく埋めるようにしてください。虚偽の記載をしたつもりが無くても、ミスによって審査に悪影響が出る場合もあるので注意が必要です。

上記2点はモビットに限らず、キャッシングの審査を受ける際の基本となります。審査の可否以前に申し込み自体が取り下げられる可能性すらもあるため、モビットへの申し込みを行う際にはしっかりと守るようにしてください。

また、その他にも審査における注意点があるので、申し込み時に該当をしていないかの確認をしておくと良いでしょう。通る見込みがない審査を受けても意味がないので、モビットで借りたいと考えるなら審査通過の可能性がある状態で申し込みを進めるべきなのです。

他社の返済が遅れている方

モビットでは他社の借り入れがあるだけでNGとはなりませんが、返済が遅れている方についてはほぼ審査には通過出来ません。遅れてはいないとしても、不足入金でも厳しいです。

審査に立て続けに落ちている方

同時の申し込みではないとしても、直近で立て続けに審査に落ちている方は、モビットの審査も厳しい結果となる場合が多いです。何社も落ちてしまった方は、間を空けると良いです。

年収の3分の1以上の借り入れを抱えている方

総量規制の範囲内での利用となるモビットのキャッシングは、年収の3分の1以上を既に借りている方、近い水準まで借りてしまっている方はほぼ借りられません。申し込み前に年収と借り入れのバランスを確認しておきましょう。

モビットの申し込み

上記の最低限の注意事項に問題がないと判断ができれば、モビットの申し込みを行うだけの条件を満たしていると言えます。申し込み後の審査基準に関しては非公表となっているために詳しい部分は分かりませんが、ある程度の水準での安定した収入を得ている方で、他社での利用に問題がなければ借りられる可能性は十分にあります。

第0位モビット

来店不要のネット申し込みで始められる、借り換えにも頼れるキャッシングサービスです。

来店不要で最短即日融資も可能

14:50までの振り込み手続きの完了で、モビットなら来店不要の最短即日振り込み融資も可能となります。※審査の結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。

土日も当日中のカード発行も可能

ネット申し込み後に近くのローン申込機の手続きを進めると、振り込み対応時間外でも土日祝日でも当日中のカード発行と借り入れも可能となります。

借り換えやおまとめにも対応

商品としての借り換えローンやおまとめローンはありませんが、モビットなら借りたお金での借り換えやおまとめとしての利用も可能です。

モビットのWeb完結キャッシング

通常のWeb申し込みの他に、モビットでは手続きがWeb上で完結できる「Web完結」のキャッシングも可能です。必要条件や書類のハードルが上がりますが、会社や自宅へも電話連絡無しで借りられ、カードの発行もされない契約となるため、後日の郵送物も無いキャッシングの使い方となります。

契約にあたっては通常のネットでの申し込みとなるWeb申し込みよりも周りには知られづらいのがWeb完結の魅力ですが、契約後の利用は振り込みでの借り入れと口座引き落としでの返済が主となるため、どうしても利便性には欠けてしまいます。

通常のWeb契約やローン申込機を利用する契約手続きとは異なり、カードが発行されないWeb完結は契約後にカードを使った提携ATMでの借り入れや返済は行えないため、提携ATMを利用するカードローンキャッシングを希望する場合にはWeb完結は適していません。

Web完結は必要となる条件や書類が厳しい

  • モビットのWeb完結では三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の本人名義の普通預金口座の他に、直近2か月分の給与明細などの所得を証明する書類や、社会保険証、組合保険証といった勤務先の確認ができる指定の保険証も必要となります。通常のWeb申し込みと比べて用意する書類が増えてしまうため、条件を満たせずにWeb完結での手続きが進められない場合もあります。

モビットの返済金額を確認

モビットでは借り入れ残高ごとに月々の返済額が決まる仕組みを採用しているため、多くの金額を借りればそれだけ返済の負担も増えてしまいます。逆に必要最低限の借り入れに留めれば、返済は楽に軽くに進められるのです。

借り入れ残高に応じた返済金額は以下のようになり、限度額がいくらであるとしても借りる金額を少なくしておけば一回あたりの返済金額も大きくはならないため、毎月の返済可能金額からモビットで借りる金額を決められるようにもなっています。

借り入れ残高 毎月の返済金額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円

100万円を超える借り入れの際には、利用残高が20万円増加するごとに返済金額が4,000円ずつ上がります。

上記の金額は毎月の最低返済額となるため、余裕があるときには多めの支払いをしても構いません。金額が下回ってしまうのは問題がありますが、上回る分には自由であり、提携ATMの利用手数料を除けば任意での繰上げ返済における手数料は発生しないため、お金があるならなるべく金額を上乗せして支払った方が良いです。

モビットの返済時に支払う利息は、限度額ではなく借りている金額に対して発生します。余裕のあるときに多くの返済をしておけばそれだけ元金分が減るため、翌月以降にかかる利息を減らせるのです。

返済期間はなるべく短くする

借り入れ残高が少なければ毎月の返済金額も少なく抑えられるのがモビットの良さではありますが、毎月の返済を最低額だけで進めてしまうと完済までに長い期間を要してしまい、最終的な利息負担も大きくなってしまいます。

なるべくなら返済にかける期間は短くできるように、毎月の返済に上乗せをするなどして、繰上げ返済を積極的に進めるようにしてください。当初の予定よりも早くに返し終えられればそれだけ支払うはずだった利息が浮くため、余計な負担なくモビットへの返済が終えられるようになります。

繰り返し使える便利なモビット

モビットのカードやWeb完結による振り込みのキャッシングは、契約後は限度額の範囲内であれば繰り返し自由に使えます。完済をした後でも限度額があれば再申し込み不要で借りられるため、困ったときには契約後ならすぐに利用ができます。

年会費や入会金といった余計な費用はかからず、お金を借りない限りは負担は発生しないので、お金が必要になるときの備えとしてもモビットは役立ちます。ただ、カードを持っている、契約を済ませていれば素早く手軽に借りられてしまう分だけ、借り入れは計画的に利用をしなければなりません。

計画的な借り入れを心がける

借りられるからと余計な借り入れを繰り返してしまうと、返済の負担が大きくなって自分自身が困ることとなります。

収入や支出に対しての返済の負担が大きくなればモビットへの返済そのものが行えなくなってしまう可能性があり、返済が滞るようになると様々な面で大きな問題が生じてしまいます。

繰り返し何度でも借りられるのがモビットをはじめとするカードローンによるキャッシングの便利な部分ではありますが、便利な分だけしっかりとした計画性が必要となるのです。

モビット
モビットの基本
地域別モビット情報
サイトメニュー